お薬と病気の覚書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
耳の下にある耳下腺が腫れて、痛くなる病気です。唾液を作るところがおかされる病気で、耳下腺のほかに顎下腺なども腫れてきます。
だいたいは左右ともはれますが、片側だけの時もあります。

最初の数日、熱と痛みがあります。
腫れは1週間ほどでとれて、治ります。

原因 ・・ムンプスウイルス(おたふくかぜは英語でmumps)
潜伏期間・・2~3週間
飛沫感染
感染期間・・発症数日前から腫れが消失するまでの約10日間です。
学校伝染病に指定・・腫れが取れるまでは登校・登園禁止です。

不顕性感染(ウイルスに感染しても症状は出ないが免疫はできる)が30~40%あります。

合併症
●髄膜脳炎
髄膜脳炎は、小児のおたふくかぜでは最も多くみられる合併症です、症状は高熱、嘔吐、頭痛。ウイルス性髄膜炎なので比較的軽症。

●睾丸炎
思春期以降の男性ではよくみられます。ただ、両側の睾丸炎になっても、不妊の原因になることはまれです。

●卵巣炎
思春期以降の女性で数%にみられます。不妊の原因になることはありません。

●難聴
難聴が数百人に1人あり、片側の場合がほとんどです。


治療
特効薬はありません。
安静にして、鎮痛解熱剤を使います。食事は酸っぱい物を避け
て、軟らかい食事にして下さい。

予防接種
おたふくかぜは保育園・幼稚園でもらうことが多いので、集団生活に入る前にワクチンを受けて予防しておくといいでしょう。市町村でおこなう予防接種ではなく、希望者のみの「任意接種」です(有料)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。