お薬と病気の覚書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘルペスウイルスによる疾患(水ぼうそうなど)
ヘルペスウイルスの仲間は、皮膚や粘膜に水ぶくれを作るのが特徴的です。単純ヘルペスウイルス、水痘・帯状疱疹ウイルスがその代表です。

ヘルペスウイルスは、症状がおさまったあとも体の中に潜んでいて、免疫力が落ちた時再び活動を始めることがあるのが特徴です。

◇水痘(水ぼうそう)
 水痘ウイルスに感染して起こり、発熱と全身に強いかゆみを伴う発疹が特徴の感染症。水痘にかからない子供はほとんどいないといわれるほど子供にはよく見 られる病気。
 ごくまれに「脳炎」や「髄膜炎」を起こすことがある。
<発疹>
 虫さされのような小さい発疹が、背中やお腹にでき、時間とともに、顔や頭部、腕、足などに次々とできる。口の中の粘膜やまれにまぶたや結膜にもできることがある。最初の発疹ができてから3~4日間は次々と新しい発疹ができる。
 赤い発疹は1日たつと中に水を含んだ水疱に変わる。
 さらに3~4日すると水疱は乾いてかさぶたになる
<発熱>
発疹が現れるのにあわせて発熱する。
10歳くらいまでの子供の場合はそれほど高い熱は出ず、37~38度台の熱が3~4日続く程度

【感染経路】
 水痘にかかった子供の咳やくしゃみからウイルスが飛び散って広がる飛沫感染ほか、水疱(水ぶくれ)の中にウイルスが入っているので、つぶれた水疱から出た液を通して接触感染することもある。
潜伏期間は2~3週間。
発疹が現れる1~2日前からすべての発疹がかさぶたになるまでの期間感染力がある。 幼稚園や学校などはすべての水疱がかさぶたになるまで出席停止。

【治療薬】
◆抗ウイルス薬(アシクロビル) 
ゾビラックス、グロスパール
 ウイルスが体内で増殖しないように作用する薬。感染の早い時期に服用すると発疹や水疱の数が少なく済むので症状が軽くなり、治りも早くなります。1日4回の服用が基本。

ゾビラックス軟膏
抗ウイルス剤入りの口腔用の軟膏
ゾビラックス眼軟膏
角膜炎の時に使用する抗ウイルス剤入りの眼軟膏、下まぶたに付けた軟膏が、徐々に目の中に広がり効果を発揮します。

◆カチリ (フェノール・亜鉛華リニメント )
皮膚を保護し、かゆみをやわらげる塗り薬です。
防腐、消毒、鎮痒作用のある“フェノール”と、患部を保護し炎症をやわらげる“酸化亜鉛”が含まれています。また、添加物のトラガントは、水分が蒸発後に薄膜を残し、皮膚を保護する働きをします。

◆かゆみを抑える「抗ヒスタミン剤」や水疱をかきむしったところから細菌感染しないように「抗生物質」の飲み薬が処方されることがある
 
★インフルエンザと同じく、サリチル酸系の解熱鎮痛薬は、激しい嘔吐や意識障害などを伴う「ライ症候群」を起こすという報告があります。
 ×アスピリン、PL顆粒、LLシロップなど

【予防】
 予防接種。任意接種の一つで、1歳から受けれる。
 水痘の子と接触してから3日以内にワクチンを接種する。100%予防することはできないが、もし罹っても症状は軽くなる。 


◇帯状疱疹
 水痘ウイルスに感染すると、ほとんど水痘を発症します。水痘は治りますが、治った後もウイルスは体の神経節に潜んで生き延びています。過労などで免疫力が落ちたときにウイルスが再び活動を始めると、胸や背中、顔などの神経にそって痛みを伴う発疹や水疱が帯状に現れます。これを「帯状疱疹(タイジョウホウシン)」と言います。
 一般にお年寄りに多い病気ですが、若い人や子供でもまれに発症することがあります。

 感染力は弱いですが、家族が帯状疱疹になったとき、水痘になったことのない赤ちゃんは水痘を発症する事もあります。

治療は水痘と同じ「抗ウイルス薬」。1日5回の服用が基本
《薬の飲み合わせによっては、副作用がでやすくなります。痛風の薬のプロベネシド(ベネシッド)、胃の薬のシメチジン(タガメット)、免疫抑制薬のモフェチル(セルセプト)、喘息の薬のテオフィリン(テオドール)などとの併用に注意します。》

冷えると痛みが増すので暖めるとよいでしょう。まれに発疹や水疱は治っても神経の痛みが残ることがあります


◇ヘルペス性口内炎
ヘルペス(単純疱疹)というウイルスによっておきる感染症です。

38~40度の高熱が数日続きます。口の粘膜に小さな水ぶくれができたり、歯ぐきが赤く腫れてきます(歯肉炎)。すごく痛いので、飲んだり、食べたりができなくなります。
水分が十分にとれないと、脱水症になることもあります。

◇口唇ヘルペス
多くの場合子どものときにヘルペス性口内炎(初感染)。
そのとき、ウイルスが体の中に残っていて、大人になってから口内炎をおこすことがあります(再発)。このときの症状は軽くて、唇にピリピリする水ぶくれができます。かぜ気味、ストレス、生理前、紫外線浴びるなど、体調をくずしたときにでやすいようです。

治療は水痘と同じ抗ウイルス薬

性器に水ぶくれのできる性器ヘルペスもあります。


我が家の長女も水ぼうそうに罹りました。一歳になったばかりで、私は年子の長男を妊娠してました。妊娠中にかかるとよくないということで、私は実家に、長女はダンナのお母さんに預けました。そのころはまだ、抗ウイルス薬が開発されてなくて(1994年から)長女は結構水泡がひどかったらしく、今も額の真ん中に跡が残ってます。いつもなんとなく気になる私です。だから、水ぼうそうの患者さんには水泡をつぶさないように、カチリも上にのせる様に優しく塗って下さいというようにしてます。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。