お薬と病気の覚書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウイルス性胃腸炎(嘔吐下痢症)
毎年冬場になると、乳幼児を中心にウイルスによる急性胃腸炎が流行します。嘔吐下痢症、おなかにくる風邪とも呼ばれるように、嘔吐や下痢が激しいのが特徴です。
今冬は、ノロウイルスにより、大人にも流行し、多くの患者が発生しました。
(なお、食中毒、O-157などは細菌性胃腸炎です、細菌は、食品中で増えますが、ウイルスは人間の細胞の中で増えるのが特徴))

原因となるウイルスは、ロタウイルス、アデノウイルス、ノロウイルス、アストロウイルス等の小型球形ウイルスなど多くの種類があり、何度も嘔吐下痢症になることもあります。
その中でも特に、症状が重く集団発生する、ロタウイルスとノロウイルスについてまとめてみました。

◇ロタウイルス性胃腸炎
乳幼児嘔吐下痢症ともいわれ、6か月から2歳までの乳幼児に多く発症し、冬場に流行。保育園や幼稚園などで集団発生する。看病する家族や、医療機関などで接する大人にも感染することあり。
潜伏期間1~3日

【症状】
 下痢、嘔吐が主症状で、腹痛や発熱を伴うことも多い。白色下痢便が一週間くらい続くことが多く、嘔吐は最初の1~3日くらいが普通であるが、各症状の出方や、持続時間は、年齢差や個人差が大きい。
吐き下しすることにより大量の水分を失い、脱水症状を起こす場合がある。時に熱のないけいれんを起こすことがある。

【感染経路】
 ◆人から人への感染
  吐物や便の中に含まれるウイルスが手、あるいは手で触れたもの(おもちゃ、哺乳瓶、食器など)を介して口に入る経口感染

◇ノロウイルス性胃腸炎
【症状】
乳幼児から成人まで発症。
症状の始まりは突発的に起こることが多く、吐き気を催し、嘔吐する。しかもそれが一度で終わらず何度も激しい吐き気が起き嘔吐を繰り返すことが多い。それに、下痢が続き、さらに発熱を伴うこともある。これらの症状は通常、1、2日で治癒し、後遺症が残ることもない。
潜伏期間1~2日

症状が治まってもウイルスは1週間以上排出されてる場合もあり。
また感染しても発症しないまま終わる場合(不顕性感染)や、風邪と同様の症状が現れるのみの場合もある。ただし、これらの人でもウイルスによる感染は成立しており、便中にはウイルス粒子が排出されている。

【感染経路】
 ◆人から人への感染
  吐物や便の中に含まれるウイルスが手、あるいは手で触れたものを介して口に入る経口感染
  吐物の飛沫から感染する場合もある。

 ◆汚染食品からの感染
  ノロウイルスは貝類(カキ)に蓄積されてることがあり、ウイルスに汚染された貝類を生、あるいは加熱が不完全なままで食べることにより感染。
  また、ウイルスを持っている人が調理した際に食品が汚染され、その食品を摂取した場合に感染する場合もある。

【予防】
 ◆手洗い、うがいを励行し、日常的に清潔を保つこと。
 ◆特に、排便後や調理前は石けんと流水での手洗が大切。タオルの共用を避けることも必要。
 ◆便や吐物の処理をする時は素手で触らず、ビニール手袋を使用。汚物の消毒は市販の塩素系消毒剤(漂白剤)を希釈したものを使用。エタノールなどのアルコール系消毒薬は無効。
 ◆ウイルスは熱を加えると死滅するので、ウイルスに汚染されている可能性のある食品は、中心部までよく加熱すること。食品の中心温度85度以上で1分間以上の加熱を行えば、感染性はなくなるとされている。

【治療法】
◆基本は食事療法です。
半日から1日ほど何も食べずに胃を空っぽにして休ませるのが一番。
吐き気が落ち着いたら、水分を少しずつとる。
吐き気がなくなったら、お粥など、消化のよいものを少しづつ食べる。

◆使用される薬剤
特効薬(抗ウイルス薬)はない。
ナウゼリン・・吐き気止め
小児には座薬使用、DS、錠剤もあり
吐き気が治まらなく体力の消耗、脱水が心配される時に使用。
座薬は効果出るのに1~2時間、DSは30分程度で効果あり。
弱った胃腸の働きを助け、食べ物を胃から腸へ送り出すのを助ける。

ビオフェルミン、ミヤBM細粒、ラックBなどの乳酸菌製剤・・整腸作用
ロートエキス散・・胃腸の痙攣をおさえ、痛みや吐き気を抑える。ナウゼリンとは作用が拮抗するので、時間をあけて使用したほうがよい。抗コリン作用により、喉の渇きがでやすい。

脱水症状が激しい時は、病院で点滴する必要あり。




実際に私も一昨年嘔吐下痢になったのです。薬局の患者さんの殆どが嘔吐下痢というころ、次々と薬局の同僚も罹りました。日頃から薦めている経口補水液が吐いたあとの体に非常においしく感じ、それ以来自信を持って薦めることができるようになったのが利点でした。
補水液は水分だけでなく嘔吐や下痢によって失われた電解質(KやNa)を補ってくれるので回復が早いのです。普段飲むと少々しょっぱいです。

そして、昨年はノロウイルスにダンナが罹りました。激しい嘔吐にこちらが怯えるほどでした。トイレが一階と2階と家の中に二つあったので、ダンナの使った2階を2週間の間、だんな専用にして他の家族は使わないようにしたら、子供たちにもうつりませんでした。やはり、感染経路はそこだと確信しました。








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。